Welcome to my blog

after work Lab

あトん

あトん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by

あトん

あトん

そろそろ秋のひやおろしを買いに行こうと思っている"あトん"です。

「沼津日本酒フェス2016」のチケット獲得

8月に入り、沼津で日本酒のイベントがあるみたいだか知らないか?
と日本酒好きの上司から質問を受けました。

何のことかよくわからなかったのですが、帰宅後ネットで検索してみると、
「沼津日本酒フェス2016」というイベントが、キラメッセぬまづのプラザヴェルデ
で開催されることを知りました。

静岡の蔵元11と県外の蔵元も多数参加するようで、
開催日は8月24日(日)の連休最終日です。

とでも魅力的なイベントで、日本酒好きの静岡県民は参加しないと損です。

ところがe+(イープラス)の前売り券は完売のようです。
当日券はないとのことで、参戦できるかピンチです。

週末ダメ元で主催の丸茂芹澤酒店に行って見ることにしました。

丸茂芹澤酒店

丸茂芹澤酒店は、ドラマ「時をかける少女」の沼津ロケが行われた、
狩野川の永代橋から徒歩数分の所にありました。



こじんまりとした店舗で、「沼津日本酒フェス」を主催しているように見えません。

しかし、店内には日本酒、焼酎、地ビール、ワイン以外に"あトん"の大好きなシングルモルトも置いてあります。
こんな穴場が県内にあったとは、灯台下暗しです。

さっそく、おすすめの日本酒を何本か教えて頂いたあと、
「沼津日本酒フェス」のチケットがあるか聞きました。

予想はしてましたが、既に完売とのことでした。(汗)
予定販売数は600枚で、あっと言う間に無くなったそうです。

その後、100枚追加したそうですが、これもすぐ無くなってしまったとのことでした。
参加者全員にぐい飲みが1つプレゼントになっていて、
このぐい飲みの用意の為、もう無いんですとのことでした。

無いと言われると何としても行きたくなるのが人情です。

何とか1枚だけ都合してもらえないか懇願すると、
やさしい若女将はその場で1枚発行してくれました。
女将さん、ありがとうございます!また、買いに来ますね。

「沼津日本酒フェス」のチケットをゲットでき、
美味しい日本酒も買うこともでき、ダブルでラッキーでした。

IMG_3473.jpg

IMG_3475.jpg

「沼津日本酒フェス2016」初参戦

キラメッセぬまづは沼津駅北口から徒歩数分のところにあります。
駅の通路は北口へ向かう人で混んでました。

沼津駅北口の改札を出て、キラメッセぬまづのプラザヴェルデを目指します。

プラザヴェルデに着くと、会場入口の前は既に長打の列でした。
開場13:40に丁度着くように行ったのは完全に失敗だったようです。

IMG_0467.jpg

やっと受付にたどり着き、パンフレット、紙のお盆、カミコップ、ぐい飲みを受け取ります。
ぐい飲みは富士山が描かれていてセンスが良いおみやげでした。

IMG_0469.jpg

IMG_0472.jpg

プラザヴェルデ内はとんでもない数の人です。

IMG_0482.jpg

各ブースには長打の列が出来てました。

IMG_0476.jpg

最初、一番長い列が一番人気のブースだと思い込み並んだのですが、
どうもおつまみのブースのようでした。

おつまみは各蔵元の持参品以外に、REFS(レフズ)の無農薬野菜、御殿場の渡辺ハム工房のハム
沼津のRESTAURANT IZUMIYAizumiyaの食材、女性限定で大久保農園のミニトマトが
提供されてました。

おつまみをゲットしてから、酒を飲むか、酒を飲んでからおつまみおをゲットするか
つまらないことで悩んでしまいました。

上司も来る予定ですがまだ姿は見えず、周りには知り合いも居なく誰にも相談できません。

入口で頂いたパンフレットを見ると、日本酒のブースは25カ所、食材のブースは4カ所、
生ビールのブースは1カ所となってました。

当日は晴天で蒸し暑く喉が渇いていたので、沼津で誕生した地ビール「ベアードビール」
のブースに移動し並びなおしました。

定刻の14時になると、会場は暗くなり、プロジェクターで各蔵元の紹介スライドショーが始まります。
これが終わると、試飲スタートです。

最初に並んだ地ビールには約10分くらいで順番が来ました。
生ビールは2種類あったのですが、ずうずうしく2種類頂きました。

IMG_0473.jpg

「ベアードビール」を飲むのは久しぶりですが、やっぱり外で飲むビールは
最高に美味しいですね。

喉も落ち着いたところで、どの順番で日本酒を飲むかしばし作戦を考えます。

全部で144種類の日本酒が用意されてますが、全部試飲することは、
時間的にも体力的にも不可能です。

試飲できる日本酒

各蔵元が持参した日本酒を順不同で参考に転記しておきます。

meigara1.png

meigara2.png

meigara3.png

25の蔵を全部周るとしたら、1蔵5分以内で飲むペースになり、難しいです。
県内の倉は後回しにさせて頂き、県外の蔵から攻めることにしました。

パンフレットのマップを見ると入口左奥側に県外の蔵が並んでいます。
端から順に飲んでみることにしました。

IMG_0475.jpg

1蔵づつコメントを書きたいところですが、メモも取ってなく、記憶も残ってなく
数枚の写真しか残ってません。

行列に並んでいると、行き付けのバーでお世話になっているご年配のお姉さまに会いました。
TV局の若い子達といっしょに来たそうですが、白隠正宗の蒸し燗をとても気に入った、
とおっしゃってました。

IMG_0484.jpg

独楽蔵には、日本酒バーの女将さんがお手伝いをされてました。
あトんが飲んだ独楽蔵のぬる燗は銘柄は忘れましたが、少しクセがあったのを覚えてます。

各ブース大盛況なのですが、参加者の半分は女性だったのと、若者も多かったのが
意外でした。

IMG_0480.jpg

IMG_0478.jpg

イベントも後半になると、「チャリーン」と音が聞こえ、
うっかりぐい飲みを落として割ってしまう方が散見されました。

常連の方は、バックと100円ショップの籠を首にひもでかけて、両手フリーで活動されてました。
もし来年参加する時は、小道具を持って参戦した方がよさそうです。

イベント中盤になると、一休みです。会場奥に座り込んでいる人も多くなりました。

体内アルコールを薄める為、白隠正宗の仕込み水を頂きましたが、とても美味しくビックリしました。
ウイスキーの加水にも合いそうです。

IMG_0485.jpg

県外のお酒一通り飲めたので、残り30分になってから県内ブースに移動します。
どのブースも共通ですが、残念なことに一番おいしいお酒は、とっくに無くなっていています。
但し、秋向けのひやおろしがいろいろと飲めたので、大満足です。

IMG_0481.jpg

所感

日本の酒屋はすごいと思いました。西は福岡、広島、北は青森、新潟から来ていらしゃる蔵元もあり、
日本酒を幅広く広めたいという熱い思いが伝わってきます。

そして静岡県は酒呑み天国で幸せだな、と思いました。

最後に、9月6日の静岡新聞に「沼津日本酒フェス」の記事を掲載されたので、
参考に載せておきます。

shinbun.png

さて、酒屋主催の試飲会は非常においしいイベントだとわかったので、また行きたいと思います。
9月どこに行けるか画策中です。

それでは。
関連記事
最終更新日2017-11-17
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。