Welcome to my blog

after work Lab

あトん

あトん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by

あトん

あトん

最近スピーカよりヘッドフォンの使用が多くなっている"あトん"です。

「Perfect Aging 本体の性能へ」

先日会社の友人がCDをお裾分けしてくれました。
「Perfect Aging」というCDで、ヘッドフォンを買ったらおまけで付いてきたとのこと。

IMG_4009.jpg

IMG_3987.jpg

同じものを2個持っているので、自作スピーカのエイジングで使ってみれば、
と大変ありがたいご厚意でした。

せっかく頂いたのですが、今年は新作を作るのを断念したので、使用するのは来年になりそうです。
もし、新しくヘッドフォンを買ったら効果があるか試してみたいです。

なお収録されている音源は5種類です。

エイジングの効果について

ヘッドフォンのエージング効果はよくわかりませんが、スピーカはエイジングで
変化する場合と殆ど変わらない場合があります。

スピーカのエイジングは所説がありますが、ユニットを構成する振動板の物理的変化や
コンデンサー・導体や接点部品の物理的変化・抵抗の変化、
ボックスを構成する木材の吸湿量や接着剤の変質による応力の変化等、
さまざまな現象の変化の組合せの結果です。

エイジングに過大な期待をしてしまうと、仮に変化したとしても、
効果の実感は「ブラシボー」の部分で占められ、本当の効果と切り分けるのは難しく、
ぶっちゃけ、自分で良くなったと思えれば効果有りとなります。

ところでエイジングとは「径時」という意味ですが、
ワインとかウイスキーはエイジングによって熟成されたものです。

一方エイジングを「劣化」と言う意味でとらえると、エイジングするとは、
寿命を短くするということになります。

ゴムや樹脂材料で構成された製品の「寿命を測る・予測する」ためには、
アレニウスの式を用いた加速試験があります。

材料の劣化は化学反応で進みますが、化学反応は熱に依存する為、
高温環境で保管すると、劣化が加速されます。

例えば、ある材料を25℃で2年間保管した時の状態は、50℃で1週間保管すると
ほぼ同じに状態と見なすことができます。

そう考えると、ヘッドフォンのエイジングはエイジングCDで数十時間エイジングするより、
オーブンで30秒加熱しても良いかも知れません。(笑)

なお良い子は絶対ヘッドフォンをオーブンで加熱しないで下さいね。
関連記事
最終更新日2017-09-24
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。