Welcome to my blog

after work Lab

あトん

あトん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by

あトん

あトん

"あトん"です。

アップしたいものはたくさんあるのですが、手が回らなく2週間以上遅れになっています。
時間がある時に書けばよいと暢気に構えていたら、さぼり癖がついてしまいました。。。

もうすぐ年が明けますが、忘れない内に、11月28日(土)に開催された
Stereo誌の自作スピーカー 作品展示会・授賞式について感想を書いて置きます。

参加するのは今年で3回目ですが、この2年毎年連続落選してます。
定年迄に一次予選通過ができるよう、マイペースで努力したいと思います。

予選を落選しても展示会・授賞式に行っている理由は、
毎年作るスピーカのどこがダメだったのかヒントを得る為です。

自分にとって良いスピーカ(=自分好みの音)は、聴くとすぐわかります。
経験を積んだ匠の方が作る作品には、鳥肌が立つくらい感動を憶える物があります。
良い音を聴くと、どのように設計・製作したら、この音に近づけるか、思いが巡ります。

さて、前置きが長くなりましたが、2015年の作品について印象が残った作品について
感想を述べたいと思います。

全部で一般部門が14作品、匠部門が8作品、計22作品が出展されてました。
IMG_1639.jpg

作品の写真はアップしません。Stereo誌2月号を見て下さい。

一般部門 私の中でのベスト3

 第3位:LEGO Speaker No.52
 
  意外に音が良く、パッシブラジエータが効果的に効いていたと思います。

 第2位:独自制振材採用ひつじ風スピーカ

  私は外観に惑わされないよう、目をつぶって聴いていたのですが、
  見かけ以上に良い音を出してました。ヒントはその形でした。

 第1位:呼んだぁ?

  たぶん多くの方が良い音だと思ったと思います。積層で製作されたと紹介されてましたが、
  音、デザイン両方満足しているスピーカだと思います。

匠部門 私の中でのベスト3

 第3位:無共振ハイブリッドDBSP

  コンクリートスピーカは一般部門でも作品がありましたが、音の完成度では
  匠の作品が上でした。
  デザインはありふれてますが、音作りはさすが匠だと思いました。

 第2位:RF211ドルビー
  
  この作品が匠部門でテクニカル・マスター賞を受賞されてました。
  中途半端に低い台に載っていたので、一番良い音には聞こえませんでした。
  但し、独特の低音は、これは真似できないな、と思いました。

 第1位:K-78 kerorozlla

  音の定位が抜群でした。箱が球形なので音の纏わりつきがなく
  端で聴いていたにも関わらず、左右スピーカの中央から音が出ていて、
  低音もしっかり出てました。

  ユニットを固定している空気室は球形が理想であることを再認識できました。

余談 その1

 作品の紹介は今年はすべてメインステージで聴く方法に変更となりまたが、
 試聴曲は昨年と同じで、聴く側としては非常に辛かったです。

 来年も同じ方法を取るなら、辛くならない工夫をお願いしたいです。

余談 その2
 
 中古スピーカのジャンク市が休憩の合間にありましたが、一番欲しいユニットは
 手に入りませんでした。あと30分早い新幹線に乗っていれば、と後悔先に立たずでした。

余談 その3

 11月29日(日)に『ミューズの方舟』主催自作スピーカーコンテスト2015が開催されましたが、
 当日田舎に帰省した為、試聴できませんでした。
 音質賞、総合賞を受賞された「S-054 83Diamond」が聴けず残念に思ってましたが、
 ご自身のHPで紹介があり、少し感じ取ることが出来ました。

2016年にどんなスピーカを作るかはまだはっきりしてませんが、
毎年少しずつレベルアップできるよう、自作を楽しみたいと思います。
関連記事
最終更新日2017-09-24
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。