Welcome to my blog

after work Lab

あトん

あトん

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終更新日--
Posted by

あトん

あトん

年内に今年飲んだビールレビュが終わらないかもと、焦っている"あトん"です。

前置きは無しにし、「ヱビスビール」について簡単にまとめてみました。

「ヱビスビール」

IMG_3529.jpg

「ヱビスビール」は1890年に「恵比寿ビール」という名で発売されました。

翌年ビールを輸送する為の貨物駅が出来ましたが、この周辺が「恵比寿」と呼ばれ
そのまま正式な町の名前になってます。

「ヱビスビール」は126年の歴史があり、サッポロビールの大切なブランドです。
登録商標も「EBISU」ではなく「YEBISU」、「エビス」ではなく「ヱビス」です。

「ヱビスビール」は苦味に特徴がありますが、1971年にドイツの「ビール純粋令」、
麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料にしたビール造りに拘り、
麦芽100%の本物のビールに生まれ変わりました。

キリンの一番搾りも2008年迄はコーン、スターチが入ってましたが、
2009年以降使用を止め、本物のビールに仲間入りしました。

一方、アサヒスーパドライは、麦芽をぎりぎりまで減らし、コーン、スターチの比率を高め、
すっきりとした味「DRY」を実現し、「本物のうまさ」と宣伝してますが、
「ビール純粋令」に基づくと本物のビールではありません。

作り方に拘るのか、新しい味に拘るのか、"あトん"にとってはどちらでも良く、
安くて美味しければOKです。

ところで、「ヱビスビール」のラベルには通常1匹しかいない鯛が2匹いるデザインがあり
「ラッキーヱビス」と呼ばれてます。このラベルは数百本に1本の確率で混じっており、
都市伝説にまでなってます。

行き付けの酒屋に「ラッキーヱビス」の瓶ビールが陳列されていたのも見たことがありますが、
「ラッキーヱビス」の瓶ビールは、超レア物のようですね。

しかし、昨年サッポロビールはお中元ギフト向けに「ラッキーヱビス」が入った
「めで鯛エビスビール缶セット」を発売しました。

YSL3D.jpg

この企画は夢が半減するので、有難迷惑ですね。

「ヱビス プレミアム ブラック」

IMG_3483.jpg

ヱビスの黒ビールは、2003年にヱビス〈黒〉で復活後、2008年にヱビス〈ザ・ブラック〉に名称が変わり、
2013年に「ヱビス プレミアム ブラック」でリニューアルされました。

炭火で焙煎したプレミアムロースト麦芽と高温ドリップ製法で、非常に香ばしい味が特徴です。
下面発酵の正当な黒ラガービールで、飲み心地より、黒ビールの本来の味に拘ったビールだと思います。

但し、プレミアムの二度使用は如何なものかと思うのは"あトん"だけでしょうか。

「琥珀ヱビス」

IMG_3731.jpg

「琥珀ヱビス」は2006年に発売され、今年で11年目になります。
ローストした麦芽(クリスタル麦芽)を使用し、深いコクとまろやかな味が特徴です。
アルコール度数も少し高めの5.5%です。

見た目もきれいで、期間限定ならではの商品ですね。

「シルクヱビス」

IMG_3488.jpg

「シルクヱビス」は2008年に発売されたビールで、通常の「ヱビスビール」より麦芽の量を多くし
泡がきめ細かく、苦味が弱いのが特徴です。

白ヱビスと呼ばれるように、デザインがホワイトで女性層にも楽しんでもらえる
パッケージとなってます。

「ヱビス マイスター 匠の逸品」

IMG_3626.jpg

ブリューマスター2名と50名以上の技術者(匠)が結集し、
ヱビスの最高峰を目指して造られたビールです。

ハラタウトラディション種ホップ、ロイヤルリーフホップを一部使用し、高い薫りが特徴です。

ビールの温度は10℃くらいがおすすめだそうで、冷蔵庫で冷やしたビールを、
常温の口の広いグラスに注ぐと、丁度いい感じの温度になり、高い薫りが楽しめるとのことです。

「ヱビス #126」

IMG_4213.jpg

「ヱビス #126」はセブン&アイグループ限定のビールで、「デュアルスムース製法」により
コクはそのままで、苦味を抑えた飲みやすい味わいとなってます。

アルコール度数は6%なので、5.5%の「シルクヱビス」を少しパワーアップさせた感じでしょうか。
暑い夏に飲みましたが、パッケージがブルーで、爽快な気分になります。

番外編 「Craft Label 柑橘香るペールエール」

IMG_3747.jpg

「Craft Label 柑橘香るペールエール」は「ヱビスビール」ではなく、サッポロビールの子会社
ジャパンプレミアムブリュー株式会社の商品で、サッポロビール那須工場で製造されてます。

上面発酵のペールエールで、柑橘の香りとコクを楽しめます。

他社がクラフトビール市場に本格参入する中、遅ればせながら参入となりました。

まだ市場規模が大きくないので、各社手探り状態だと思いますが、
今後の成長を期待したいと思います。(偉そうに言ってスミマセン。。。)
関連記事
最終更新日2017-09-24
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。